記事の詳細

今日は、イノベーションに関係するお知らせです。私がとてもお世話になり、もっとも尊敬するビジネスマンの一人でもあり、それ以上に、「おもしろおかしく」を実践されていて、大好きだった学生ベンチャーのパイオニア、堀場雅夫さん(一昨年90歳で亡くなりましたが)のお名前を冠した賞への応募を受け付けています。
主催組織は、全国イノベーション推進機関ネットワーク(事務局:一般財団法人日本立地センター)です。ここでは、地域で新事業や新産業創出などに成果をあげている中小企業を対象とする「地域産業支援プログラム」を表彰しているのですが、昨年から、企業に加えて、個人を対象とした「全国イノベーション推進機関ネットワーク堀場雅夫賞」を設定しています。
堀場さんは、まず行動ありき、という方で、イノベーションやクラスターなどいろいろな活動をしておられました。特に80代になってからも、地域での新事業や産学連携などのために、東奔西走しておられましたし、世界的にも広い視野でいろいろな活動をされていました。(私が最初にお目にかかったのもこうした会合でしたが、その後、京都へ伺ったり、Mrs.堀場とも一緒に、楽しい機会をたくさん過ごしました。ご病気だということは知っていたのですが、一昨年夏に亡くなったことを知り、9月のお別れの会にいった後も、とてもショックでしばらく心が晴れないという状況になってしまったほどです)
今年、事務局の日本立地センターから、この賞の選考委員をというお話をいただき、堀場さんの賞ならぜひと思って、委員をすることになりました。ぜひ多くの方に応募していただきたいと思っています。 企業を対象としたプログラムの他薦締め切りは、8月21日なのですが、個人を対象とした堀場雅夫賞の応募締め切りは9月22日なので、まだ時間があります。

学生ベンチャーのパイオニアとして、どんどんチャレンジする、いろいろ考え、工夫して何とかするという姿勢に溢れていた堀場さんの精神を受けて、多くの方に応募していただけると、うれしく思います。
「地域産業支援プログラム」全体についての説明などはこちらから見られますので、ぜひご覧ください。堀場雅夫賞の説明は応募方法は下半分にあります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る