記事の詳細

今日9月24日は朝から忙しく、2週間ぶりの合気道の後、急いで帰ってきて、原稿をレビューし、ひとつを送った後、改装の終わったサントリーホールのブルーローズで開かれていたSuntory Hall Chamber Music Gardenの最終日にいってきました。For English=> 
 以前ウィーンフィルのコンサートの時にあったヘーデンボルク3兄弟が出演しているし、昨年6月のこのシリーズで何度か聞いた磯村和英さんも出演されていたので、ニューヨークから帰ってすぐギリギリでしたが、チケットをとってもらっていたのです。
2時から2時間半とチェンバーコンサートとしてはかなり長いものでしたが、いろいろな曲を聞くことができたし、終わった後のレセプションも少し参加したので、とても楽しい一時でした。インターミッションの間に原稿ドラフトのレビューをしたり、とちょっと余裕がなく、レセプションもあまり長くいられませんでしたが、いって本当によかったと思いました。友人にも会いましたし、紹介もしていただきました。それより何より、演奏している方々もとても楽しそうでした!

ニューヨークではコンサートが身近だったので、その続き、という感じでした。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る