記事の詳細

 今日9月25日からKMDの「変化の時代の事業戦略」コースがはじまりました。For English=>  セッションやケースその他を考え、Teaching Assistantも見つけ、最初の日のスライドなども(ぎりぎりでしたが)準備をしてのぞんだ第1回。
このコースはCEMSの学生(今年は17名と多いです)にとって必修科目なので、それに加えてKMDの学生が数名でした。

事前に今回Teaching AssistantをしてもらうKMDの2年生2人(昨年このコースをとった)と打ち合わせをした後、教室にいって、スライドなどのやり方を事務室の方に教えていただき、いよいよクラスが始まりました。
最初は今の時代背景、コースで目指していることなどをスライドを用いて紹介し、クラスの感じを知ってもらうためにミニディベートをしました。第1ラウンドは、Everyone should learn how to code. 第2ラウンドはEveryone should learn English.という2つの命題でそれぞれYesとNoのチームにその場でわかれてもらい、教室の両サイドにわかれて、議論しました。さすが!という感じで皆とても積極的。どんどんエスカレートして、とてもエキサイティングなセッションになりました。(だからこれからが楽しみです!)

その後、来週木曜日にやるもう少し大掛かりなディベートのタイトルを皆に考えてもらいました。なかなか興味深いテーマが多数でました。(私が考えるより、皆が考えた方が身近なアイデアや興味のあるテーマがでるので最近はいつもこのスタイルです)
だいたい20名強になりそうなので、投票で3テーマを選びました。
ディベートもですが、ディスカションは皆積極的に発言すると思うので、私もすっかりやる気!になりました。これから期待できます。今日は写真を撮るのを忘れたのですが、昨年のようにこれからいろいろなセッションの写真をとる予定です。(左の写真は昨年ユニリーバでやった特別セッションの模様です)

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る