記事の詳細

先週から始めたグローバル・アジェンダ・セミナー参加者の方々へのWeekly Newsletter No.2 をざっとご紹介します。For English=> 今回は英語でのコミュニケーションと意見のまとめ方、それから英語など頻度が重要なスキル開発のコツをお知らせしました。

英語でのコミュニケーションに関しては、先日の黒川清さんの基調講演を使って、どのようにまとめるか、それを3つの文字で示すか、というやり方を紹介しました。たとえば誰かにこの間の話はどうだった?と聞かれた時に、1分位で説明するためのコツです。

今回はたまたまGASのセッションでも私がその場でまとめをしましたし、ブログにも書きました。アウトライン(レジメ)を作るとしたら、私だったらどうするか?と考えていて、3つの「I」-Interconnectedness, Individual, Impact-でまとめることにしたのです。 これは自己紹介をする時などにも使えるアイディアです。

また自分の意見をまとめる練習として、たとえば黒川さんの意見に賛成か反対か、それはなぜかを3つの理由で説明するというのも有効な練習方法です。これはどんなものにでも使えるので、最近見た映画が好きか嫌いかでも、この曲は好きか嫌いかでも何でも良いのです。まず結論を言って、それからその理由を3つくらいに絞って説明するというやり方です。

もうひとつは、毎日やろう、週に3回やろう!とか最初は希望に燃えて始めたことでも(運動、英語からダイエットまでいろいろあります。特に新年は)、仕事が忙しくなったり、かぜをひいたりした時に数日できない場合があります。その時に、くじけず、また続けることがコツということをご紹介しました。何しろ続けていれば、必ず力になるので、あまり非現実的な予定をたてず(毎日30分英語で話す!など)何とか続ける、2-3日できなくても、また始めるのが大事です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 清水理恵
    • 2010年 1月 24日

    お久しぶりです。清水です。
    今年の1月からジョギングを始めたり、日経を購読し始めました。
    (ずっと続いていて自分でも驚きなのですが、1月で24歳になったので
    一言で言えば「焦り」が原動力となっているようです。
    そういえば23歳と24歳、24歳と25歳、26歳と27歳。この3つは1年しか
    違いませんが、”なんとなく全然”違うよね~という話を友達としていました。)

    さてちょっと伺いたいのですが、3つのIのIndividualは、その人個人の見解を指しているのでしょうか。日経の「日経新聞経済教室」を使ってこの「I」の訓練できるのではないかと思っているのですが。。
    またこれには提言もあるので自分の意見をまとめる練習にもなると思うのでやってみます!

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る