記事の詳細

 10月1日午後、六本木アカデミーヒルズで開かれているグローバルゼミ第5回がプロジェクト・クライアントを一部お招きして行われました。For English=> 
6チームあるので、そのプレゼンテーションをsequentialにやっているとそれだけで時間をとってしまい、これでは英語で話す機会がない、グローバルな力はつかない、というコメントをいただいたいたので、最初の30分、後半の1時間近くを使って、関係はあるけれど、別のテーマでディスカッション・ブレーンストーミングをしてみました。

今やっているプロジェクトから、自分の仕事へのつながりを考える、非営利・営利という区分は意味があるのか、(製造業とサービス業、業界自体などと同じ)など、いろいろ考えられるので試してみたのですが、さっとそのテーマに乗って議論するという習慣はあまりないようでした。(かなり前ですが、国際会議のブレーンストーミングで同じような傾向を見かけたことがあることを思い出しました)

クライアントへの進捗報告はそれまでにかなりコンタクトがあるチームとそうでないチームによって、かなり違いがあるようにも思われました。なかなか連絡がとれない時、どうするか、ただ待っているだけでは何も解決しないので、何らかの工夫をすることも大事だと思います。

終わった後、一部のクライアントも交えて懇親会をしました。先回は私に余裕がなく、参加できなかったのですが、なかなか楽しい一時でした。プランしてくださってありがとうございます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る