記事の詳細

今日10月4日夕方、劇団四季の「ソング・アンド・ダンス65」のプレビューにお招きいただき、見てきました。For English=> ソング・アンド・ダンスは毎回内容が違って、いつも楽しみにしています。
今回も同様で、ストレートプレイやミュージカルと違った楽しさがあります。(ニューヨークで1984とCome from Awayというミュージカルを見たのが一番最近です)
今回は一緒に仕事をしている若い友人をさそっていってきました。このところ締切に追われたり、いろいろ思うようにいかずクライシスが続いていたので、楽しみにしていたのですが、劇場にいる間は他のことを忘れてしまいます。

今回は第一幕を見ていて、Songsが多いなあという印象(私はどちらかというとDanceが好きなので)でしたが、第2幕はダンス場面が多くて、とても印象的でした。

また衣装がすっきりしているのとバラエティがあること、セットが簡単?なのですが、とてもうまく使われていること(特に鏡?)、場面転換がスムーズなことはいつもですが、本当にプロ!という感じがします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る