記事の詳細

 これまでも何度か参加しているビヨンド・トゥモロージャパン未来リーダーズサミット2017の最終日に行ってきました。(一番最近は今年の3月でした!)For English=>  今回は「子供の貧困を解決するアクションプラン」というテーマで9つのチームの発表を聞く審査員でした。

元は東北の高校生などを対象としていたこのプログラムですが、最近は経済的な問題、親との死別、児童養護施設での生活など日本全国から様々な困難を経験している高校生・大学生を対象に3日間行われました。

 第1部の9つの発表はそれぞれ、自分たちの経験を元にした話なので、聞いているのが辛い位、でもそこからいろいろなアイデアを考えてきているのがすばらしいと思いました。アイデアがすばらしいなあと思っていたチームが優勝しました。(写真を撮るのを忘れていたのですが)

最後にいつものように合唱があり(宇多田ヒカルの「花束を君に」)、第2部へ。第2部は3つに別れて、リーダーとの対話ー竹中平蔵さん、羽生善治さん、山崎直子さんとーが続き、そのあとでフェアウェル・ランチでしたが、私はKMDでクラスがあったので、残念ながら途中で退席しました。

皆の話を聞いていると、米国訪問がとてもインパクトがあったようだったので、多くの若い人が海外へいける機会をつくらなければ、と痛感しました。短いビデオを作ったのでご覧ください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る