記事の詳細

六本木アカデミーヒルズで開かれているInnovative City Forum 2017の第一日目に参加しました。For English=>  このプログラムは最初の年に虎ノ門ヒルズで開かれた時に参加して、とても興味深かったのですが、その後、いつも海外出張している時期に重なって、参加できませんでした。
 今年はタイミングがよかったので、このプログラムを楽しみにしていました。昨日のワークショップとはかなりメンバーも違って、とても興味深いものでした。
最初のキーノート講演の中では、原研哉さんの話がとても興味ふかく、以前、私がセッションのモデレーターをしたJapan Houseの話が出てきたので、ああそうだった!と思い出しました。(そのあとランチの時にロサンゼルスのプロデューサーの方にお目にかかりました)

午後のアート&サイエンスセッションのセッションでは、身体と感性の拡張についてやったセッションに参加しました。身体拡張の方はだいたい理解できる部分もあったのですが、感性の拡張の方はいろいろ刺激的な話は多かったのですが、まだ理解できないことがたくさんありました。分科会のスピーカーは、身体拡張の方が、暦本さん、遠藤謙さん、水口さん、杉本さん、感性拡張のほうは、アレクシーさん、落合陽一さん、徳井さん、笠原さんでした。モデレーターは北野さんと林さんでした。

明日もまだセッションは続きます。分科会の中で出たいものが同時平行なので、ちょっと困りますけど。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る