記事の詳細

今日16日はKMDの事業戦略のクラスがありました。今日で6回目、ケースはUber in China.まずUber利用したことがある人と聞いたらほぼ全員。ほとんどが満足していました。学生はいろいろな国の出身なので、それぞれの国でどういう状況なのか、も聞きながらディスカッションを進めることができ、多様な学生がいることのメリットがまさに実感できます。
Uberの創業からの話だけでなく、中国での状況についてのケースなので、中国の学生にいろいろ聞くことができましたし、それ以外にもアジアでUberを使ったことがある学生の実際の経験も聞きながら、デイスカッションを進めました。

ケースを超えて、シェアリングがなぜこれだけ急速に進んだのか、とか、自動車メーカーだったらこうしたUberの動きにどう対応するか、Uberに就職したいか、したくないか、などいろいろ質問しながらとても活発なディスカッションでした。中国のDidiの女性リーダーのFuture of the Citiesというビデオを見つけたので、後半はそれを見ました。その後でたまたまAlibabaのJack Maのビデオが続いていたので、そちらもついでに?みて、テクノロジーが事業戦略や社会に及ぼす影響などについても議論しました。先週私が参加した世界経済フォーラムのSystem Initiative WorkshopやInnovative City Forumについても、少し話をしました。

先週は、皆に身近ではない製品のケースだったため、あまり議論が活発でなかったのですが、さすがにUberなどだととてもエキサイティングな議論になります。今週はも曜日にももう一つケースをするので、楽しみにしています。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る