記事の詳細

 今日11月5日は念願のシリコンバレーへ。友人の渡辺千賀さんに連絡して、Palo Altoで待ち合わせ、そのあとあちこちを案内していただきました。For English=> (ちゃんとCaltrainの時間などを知らせていただいていたのに、1時間間違えてしまい、電車には乗り遅れ、結局Uberで行きました。−Uberでもいける 56ドル、50分くらい!)

 Palo Alto のダウンタウンで食事をしたあと、その辺を歩き、165 University Ave.と今は大企業になったスタートアップが事業を始めたコワーキングスペース?、SAPがやっている最新?Co-working place、VRその他を試せるところ、facebookの原点?などをあちこち見たあと、TeslaでGoogle, Appleなどを見て回りました。

一番びっくりしたのはスケール。先日こちらのニュースで、こうした会社がどんどん人を雇い、その住むところを作るために、周囲は大変だ、という話を聞きましたが、何しろ桁違いという感じでした。社員をtransportしているバスがベルギー製、とかマネージするソフト開発に何人もいる、など、ふーんという話がたくさんありました。
そのあといろいろな人が住んでいる地域を反映してデザインされているshopping streetを歩き、Amazon Book Storeにも行きました。(レビューが高いものだけが、説明つきでディスプレイされています)また紳士服などでもオンラインから始まったけど、店もある、というような事例はとても興味深いと思いました。
それからMountain viewまでTeslaで送っていただき、Cal Trainで帰って来ました。とても有意義かつ楽しい1日でした。このエリアは一年でほとんど?青空、規制があって建物がみな低いので、ユニークな雰囲気があって、それを実際に感じただけでも素晴らしい日(それに快晴!)でした。千賀さん、ありがとう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る