記事の詳細

先週金曜日に開かれた今年最後の「ダボス。。を東京で」のレポート続きです。For English=>  この間も書いたように、12月はとても忙しい月であること、1日に予定したので、間のPRの時間が少なく、さらにはチャリティオークション!というambitiousなプランもたててしまった 第54回「ダボスの経験を東京で」シリーズは無事終わりました。他にも最終回というセミナーシリーズやクラス、取締役会、その他イベントなどがあったため、錯綜してしまいましたが、何とか終えることができました。

今日は内容についてご紹介します。2017年最後の月になったので、今年を振り返って自分にとって、どんな年だったかを参加者の皆さんに思い返していただき、それを説明できるように、画用紙にかいていただきました。絵をかくことも多いのですが、初めての方もおられてアウトラインで書いていただいた方もおられたようです。(私も試しにやってみました)ー左の図

それから5−6人の小グループにわかれてそれぞれ英語でご自分の1年を説明していただき、今度はグループとして、メンバーの経験や強み、発見などが活用できそうな新しい年のプラン(ビジネスプランでも新しい試みでもよい)を考えていただきました。45分位各グループでブレーンストーミングをした後、各グループからレポートしていただいたのですが、旅行・ホスピタリティ関連、目標をシェアするコミュニティやプラットフォームを考えたグループ、バレエをもっと多くの人に知ってもらうアイデアを考えたグループ、インターンとフリーター?を合わせたFreentern、Role model makerなどいろいろなアイデアが出ました。寿司職人の腕を振るうなど細かい点ではそれぞれの方々の特技などが示されていて、とても興味深いものでした。全部のレポートを終えた後、参加者の皆さんに投票していただきました。一番票を集めたのはWe playといういろいろなことをシェアできるプラットフォームでした。賞品として、ハートのマークのラベルがついた赤ワインをさしあげました。(よく考えたらメンバーで分けられないからその場で飲むしかない?)

それからミニ・チャリティ・オークションとネットワーキング。チャリティ・オークションは私が15品目位出しました。それぞれの品目ごとに、starting priceを書いておいて、参加者の方に欲しいものの番号とbid 価格を書いていただきました。数万円のエルメスのスカーフなど1万円以下のstarting priceで出していたのですが、最初は出足が悪くてどうなることか、と心配しました。そのうち、市場価格(数万円)を書き添えてくださる方がおられて、とても助かりました。(もちろんそれより安い価格で落札されましたが)結局ほぼすべての賞品が落札され、(私が自分で使おうかなあと思っていた漆のお皿は残ったので、新年から使います!)ネットワーキング終盤にも買ってくださる方が増えて、結局4万円くらいになりました。私が少し加えて、山中伸弥先生のiPS基金に寄付します。

ネットワーキングは、今回ハングリーな方々が多かった(好奇心という点ではすばらしいことなのですが)ので、食べ物が全然足りなくなってしまいました!(ごめんなさい)クリスマススペシャルですから!とPRしていた割に期待はずれと思われたかと思います。これからはもう少し計画をしっかりします。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る