記事の詳細

やろうと思ってもなかなかその気にならずに、なんとなく時間を過ごしてしまい、後でなぜ私はできないのだろう、とがっくり来たり自信を失ったりすることがあるのではないでしょうか。For English=> この間全然違うテーマのビデオを探していたら、たまたまMel Robbinsの5 second ruleに遭遇しました。(実は多くの人が知っていることなのかもしれませんが、私は初めて聞いたのです!)
TEDxでもViewがとても多いのですが、私がたまたま見たのは、インタビューのビデオ。それによると、なかなかやらないのは、モチベーションが足りないとかではなく、5秒間おいてしまうと脳がそのように働いてしまうから、だ(というようなこと)をいっていて、何しろ、これをやろうかな、と思ったらすかさず5-4-3-2-1と逆に数えて、1になる前にそれをやる!ことがコツといっていました。なるほど、ととても納得したので、実践してみています。要するに、どうしようか、という時間を自分に与えないということらしいのですが、「脳の働き」というところが科学的根拠があるみたいで、すっかりその気になっています。これなら誰でもできそうです。
もうひとつここ数日試しているのが、夜寝る前に明日朝一番にやることを決めてしまうことです。3つだけしかTo do listに書かない、それが終わってから次、などといろいろ試しているのですが、一番にすることを決めてしまうと、To do listを作る必要がなく、まずそれに取り掛かり、それが終わってから、ゆっくり?To do listを作っても良いように思います。要するに迷う時間を自分に与えない、といことみたいです。ためしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る