記事の詳細

 これまで何度か書いていますし、ウェブサイトのバナーにもしていたサンガレン・シンポジウムのエッセイ・コンテスト。For English=>  2月1日が締め切りです。このシンポジウムは私がとてもすばらしいと思う学生が企画運営するシンポジウムです。
毎年5月はじめ(大体は天気がよくて気持ちが良いです!)に開かれるDialogue between leaders of today and leaders of tomorrowというコンセプトのシンポジウム。大学院に在籍している人(年齢制限もありますが)なら誰でも応募できます。それほど長い論文を書くわけではないし、上から100人は、Leaders of tomorrowとして、このシンポジウムに招待されます。ノミネートされる必要がない、という点でとてもオープンなコンテストですから、ぜひ応募してください。応募についての詳細はこちら。フォームはこちらからです。
ビデオもあるので、シンポジウムの雰囲気がわかると思います。
宝くじも買わないと当たる可能性はゼロなので、機会があったら何でもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。自らが「応募」というアクションをとれば、100人に選ばれる可能性はゼロではありませんから。ぜひどうぞ。

関連記事

    • Rie
    • 2018年 1月 12日

    大学のときにこのコンテストを調べていてこのブログにたどりつきました。なんともう10年前です。
    それからセミナーに参加させていただいてサイン本をもらったり。。

    可能性はゼロではない、なにしろやってみる という言葉に今も後押しされてます。
    ありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る