記事の詳細

 昨晩(1月9日)夜遅くポルト空港につきました。For English=>  羽田を出てから合計で約17時間。前の晩、睡眠不足だったので、フライトでは食事をして、映画Dunkirkを見ただけで、6時間くらいずっと寝ていました。
フランクフルトではルフトハンザの乗り換えだったのですが、ターミナルが違うし、もう一度セキュリティを通らなくてはならず、かなり時間がかかりました。ヨーロッパはあまり来ないので、いろいろわからないことが多いです。
無事ポルト行きに乗って、夜10時半近くにつき、迎えに来ていたドライバーをすぐ見つけたのですが、行き先のホテルが聞いていたのと違ったので、ちょっと?という感じになりました。無事ホテルにつき、やれやれ!と思ったのもつかの間、断水!と聞いて真っ青。あと30分くらいで復旧すると聞いたのですが、それから結局4時間?くらいたって、やっと水が出たようです。(その時には寝ていました)
 時差の解消はお腹が空くまで食事をしないのが良いと思っているので、最初の食事以外何も食べず、そのまま寝ることにしました。
ホテルもいろいろわからないことだらけで(鍵の開け方も)、夜遅くレセプションに電話をしていろいろ説明してもらい、やっと何とか寝ました。一瞬、このままだったらホテルを替えようと思ったくらい!  今朝は水もお湯も出るようになったので、シャワーを浴び、朝食を食べに行き、やっと落ち着きました。テレビは英語のチャンネルが見えないのですが、これは解決されなそうです。
今朝は、電話でインタビューを受けるという約束をしていたので、それを終えて、外へ行ってみました。レセプションでの一番のおすすめ、市の中心は歩いて25分くらいと聞いたので、まずは近くを探検することに。すぐ近くにいろいろな店や食事するところがあるビルがいくつかあるので、そこを少し見た(Pizza HutとかMcDonald、Zaraとか)後、もう少し違うところへと思って、Statue(名前がまだわかりませんが)がある公園の向こうにあるCasa da Musicaに行ってみました。

風がかなりあるのですが、だんだん青空になってきて、すっかり元気になりました。Box Officeで聞いたら金曜日12日の夜のコンサートのチケットが少しだけ余っているというので、それを買ってしまいました!

その後ちょうど昼休み時になったのですが、食事をできる所が集まっている別のビルで皆が食べているものを観察した所、シーフードがものすごーくおいしそうなので、今度チャレンジしようと思って帰って来ました。近くにあるお墓?のようなところも帰りによってみたのですが、家族ごとに小さな石の家みたいのがあって、花がたくさん飾ってあるのが印象的でした。(これは調べてみないと何だかわかりませんが) ポルト第1日目のレポートでした!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る