記事の詳細

 今日1月25日はスイスのダボスで開かれている世界経済フォーラムの3日目です。For English=>  だいたいこの頃になると忙しい人たちばかりなので、かなり帰り始める人が多いのが通常なのですが、今年は何と!約20年ぶりに米国の大統領が登場するので、皆それを待っているようです。
世界視点で講演をしてきたフランスとドイツの首脳に真っ向から対立するのではないか、と思われる「米国第一」をどこまでトランプ大統領がアピールするのか、米国のメディアも今回は珍しくダボス会議に注目していろいろ報道しています。
英国のTheresa May首相の講演もライブストリームされていますが、こうして世界のリーダーがどこまで自分の主張をするか、とても見ものだと思います。(それにしても安部総理はみえませんが。。。)

2012年からやっている「ダボスの経験を東京で」第55回(明日夜)でもライブストリームを見ながら、議論しようと思っています。明日は夕方から忙しい!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る