記事の詳細

先週「ダボスの経験を東京で」第55回を終えたばかり、またこのシリーズの原点である世界経済フォーラムの年次総会は、安部総理以外のG7のリーダー全員が集まった活発な会議になり、実際の行動が始まり、議論になった新しいアジェンダの展開などが世界各地で進行中のようです。For English=> 
ほぼ20年ぶりに登場した米国のトランプ大統領だけでなく、ロックスターのような人気?だったフランスのMacron首相、相変わらずフレッシュな感じのカナダのTrudeau首相、Brexitの悩みを背負ったMay首相、米国と対抗?しているかのようなドイツのMerkel首相など、それぞれに違うポリシーが話題を集めた会議でしたし、今週は米国のState of Union があり、ビジネスマンとしてセールスにつとめるトランプ大統領がどこまで国内でアピールするか、など話題はつきません。
一方、Jack Maが先週金曜日の東京の「ダボス。。」の参加者の皆さんには、とても関心を集めたわけですが、次回の「ダボス。。。を東京で」は、趣を変えて、あと6週間ほどで震災から7年目を迎える釜石(かなり年代の上の人ならよく知っているラグビーのメッカ?)にフォーカスをあて、来年開かれるラグビー・ワールド・カップも含めてどう、地域を活性化するか、シェアリングによって、圧倒的に足りない宿泊施設をどうカバーするか、そしてMagical Experienceをデザインするか、などについて考えます。
皆さんの新しいアイデア、それも単発のイベント限りではなく、継続して地域を盛り立てるようなExprienceを考えませんか。詳細・登録はこちらからどうぞ。3月2日です!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る