記事の詳細

この2週間ほどでやったセミナーを2つご紹介します。ひとつは私がMBAをとった米国バージニア大学のExcutive MBA グループを対象に、京セラコミュニケーションシステムでやらせていただいたものです。私のブログには書いたのですが、京セラコミュニケーションシステムのサイトにもこの時のことを載せていただいたのでご紹介します。
この日はあの!東京も大雪になった日で、5時半頃 泉岳寺の近くでセミナーを終えてから2時間くらいかかって帰ってきたのが印象に残っています。
 それからもうひとつは、今日2月7日に千葉の内外情勢調査会の昼食会での講演です。内外情勢調査会ではこれまでも各地の支部でこのような講演をさせていただいたことがあります。今回は千葉でした。タイトルは「第4次産業革命の世界で勝ち抜く」というものでした。最近は第4次産業革命という言葉がかなり浸透したようで、これに関するタイトルでの講演のご依頼が増えてきました。
 ちょうどこの言葉を使い始めた世界経済フォーラムのシュワブ教授が主催する通称ダボス会議が10日前までスイスのダボスで行われていたため、それに関連しての話もすこししました。通常日本の方が対象の講演の場合、質問があまりでないことが多いのですが、今回はかなり出ましたし、それも違った視点から、なるほどというものがあって、私自身にもとても参考になりました。講演の写真はお願いしなかったのでないのですが、終わった後お世話になったスタッフの方と写真をとりました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る