記事の詳細

昨日夜ICSでCold Call Nightを開きました。For English=> 今回はDardenからのExchange Students, ICSの卒業生と1年生、GASの参加者、その友人、それからブログを見てこられた方など、30名以上集まりました。(今までで一番多かったと思います)

皆が集まる前から、1月のダボス会議のWebcastを見せ(最初は音が出なくて困りましたし、この種のパネルディスカッションはずっと見ているとちょっと飽きてしまいますが。。)、だいたいそろった所で自己紹介と名前を覚えるゲームをして、Icebreakingとしました。

事前に知らせておいたEconomistのSpecial Reportの記事などをべースに、Social Network/Social Mediaの役割、企業にとってもプラスかマイナスか、を、Cold Call Nightの名前に合わせて、全体でディスカッションしました。その後、プラスかマイナスか、に加えて、Social Mediaという新しい手段を用いた営利事業、非営利事業にはどんなものが考えられるか、を6つのグループに分かれて、ディスカッションしました。(すべて英語です)

30分位グループで考えた後、全体セッションに戻り、各グループに(最初のプラスとマイナスは対抗してミニDebate的に)発表・報告していただきました。時間が短かったのが残念でしたが、なかなかおもしろいアイディアも出て、見方がずいぶん違うということがよくわかりました。

セッションの最後は、自分の本「戦略シフト」のマーケティングーでも2割引きだから幾分は価値があったか?ーと、みなで写真をとって、終わりました(写真はどなたかから送っていただいたらポストします)

その後、近くの韓国料理店に移動して、11時近くまで、Get-togetherをしました。私は3つのテーブルを移動して、何人かの方々とお話することができました。こうした会合は幹事役を引き受けてくれる人がいないと(今回は前から打ち合わせをしたので、とてもスムーズで、感謝しています)、9時からでも30人近くでいける場所の予約、Feeの徴収など、手間がかかるのですが、いろいろな経歴の方々が参加して リラックスした雰囲気で会えるので、メリットが大きいです。 2月3月はこうしたイベントを毎年やっています。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る