記事の詳細

今日5月10日は朝早くからめまぐるしい一日でした。For English=>  昨晩は時差と睡眠不足で疲れてしまい、9時過ぎから寝ていたので、今朝起きたのは5時。取締役会が9時からだったのですが、ラッシュの電車を避けて7時過ぎに自宅を出て、新宿のSBでしばし仕事。取締役会は予定通り終わり、そのあと、整体にいってから今度は四谷のSBでしばし仕事をしてから、BCCJのワークショップが開かれる青山へ。
昨年のグローバルゼミでお世話になったこともあり、BCCJのビジョン戦略ワークショップのco-facilitatorをしました。みなさんどんどん発言されるし、背景を私がくわしく知らないことなどもあり、私の役割はもう一歩だったなあ、と思いました。3時間のセッションを終えたあと、急いで、帝国ホテルへ。
羽生喜治さんの永世七冠と国民栄誉賞のお祝いのレセプションにお招きいただいていたので、羽生さんはもちろんですが、理恵さん、そしてお嬢さんお二人、お母さんにもひょっとして会えるのではないか、と期待して行きました。
ちょっと遅れてしまったのですが、会場には数百人の人が(後でスタッフに聞いたら800人くらいということでした。Dr. 山中のお祝いは聞けなかったのですが、井山さんのお祝いの言葉、そして国会議員のグループ、棋戦を主催している関係団体(新聞社など)の方々も含めた鏡割りは見ていました。
その後、ご家族を探したら、あたり!という感じで、理恵さん、お母さん、そして二人のお嬢さんにも会いました。二人のお嬢さんはずっと前にハワイで一緒に食事をしたときは小さかったのですが、もう大学生!と高校生!、時の流れを感じましたが、みなさんとお話できたのがとてもハッピーでした。一方羽生さんは多くの人に囲まれ、一般から応募した多数の方々と写真をとったり、ととても忙しそう。
 昨日の名人戦第3局は勝ったので、実は(私は)ほっとしていたのです。負けた日の次の日が祝賀会だとちょっと?かな、とも思ったので。
忙しくめまぐるしかったのですが、理恵さんはじめみなさんに久しぶりにあえて、とてもうれしい気持ちになった一日でした。ご家族と写真を撮ればよかったなあ!と。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る