記事の詳細

  連休を活用して、以前、梅田望夫さんが斉藤孝さんに聞いて試してみたという「集中してその活動だけする」という試みをしてみようと思いつきました。梅田さんは歯を抜いたあと(だったと記憶しています)の1週間、何も予定をしていなかったので、将棋だけのために1週間使って勉強した結果、1週間でもかなりのことができることがわかったといっていました。

  私は「時間」に関することに興味がありますし、何とか時間の使い方を改善したいと考えているので、このブログを見た時、ぜひやってみよう、このやり方を試してみようと思っていました。なかなかそれが実現できず、「何も他に予定がない1週間」を「厳密」にしようとするとほとんど不可能なのですが(計画していなかったので)、ここ数週間次から次へと仕事に追われていたのに比べると、コースも落ち着いてきましたし、連休は次から次へと予定を立てていなかったので、これはチャンス!と思ったわけです。(こういうことは厳密にやろうとすると難しいので、「7割がた条件が満足できればまずやってみる!」というのが私のスタイルです。言葉をかえるとかなり「いい加減!」ともいえます) 

  ちょうど都合が良いことに、今新しい戦略の本を書こうと思っていて、章立て、位置づけなどを先日出版社の方と打ち合わせたこともあり、これだ!と思って作業を始めてみることにしました。本については、基本のコンセプトを昨年はじめに出たThink(yi-think.pdf)書き、それを用いて企業のケース・スタディなどもかなり手をつけていたのです。しかし基本のコンセプトがあっても、それを一冊の本にするまとまった時間(というより、「覚悟」)がなく、先送りしてきたのです。ちょうど、そんな自分にもかなり嫌気がさしていた時に、偶然、「こうなったら出版の時期を決めてから逆算して作業をすれば良いのではないですか」というアドバイスをいただきました。そういえばその通りだ、と思って、自分でもその気になったので、この機会を活用しようと思ったわけです。 

  本のドラフトを書くことと「集中してそれだけやる」ということがちょうどつながったこと、たまたま連休があること、など偶然が重なったので、「これだけ重なったら、やらないわけにはいかない!」と思って(実は、こう考えたのは、連休初日の昨日のことですが)、始めてみました。どこまで連休の間に達成できるか、生活時間やスタイルも一部変える機会となりそうなので、チャレンジしてみます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る