記事の詳細

本日6月6日午後1時からサントリーホール・ブルーローズで開かれたチェンバー・ミュージック・ガーデンにいって来ました。For English=>   ビオラの磯村和英さんが出演なさるコンサートで私が行ける日を探して、チケットをお願いしていたのです。
私は弦楽器がとても好きなので、弦楽四重奏が4曲、ピアノ五重奏曲が1曲のこのプログラムはとてもうれしいものでした。(磯村さんは先日ニューヨークであった友人の義理のお父様で、今までニューヨークでも東京でもお目にかかったことがあり、昨年もこのシリーズにいったことがあるのです)
今回はちょっと遅くなってしまったのですが、ひょっとしてと思ってチケットをお願いしたのですが、何と全く同姓同名(漢字は違います)のバイオリン奏者の方と間違ってしまったのです。当初すぐチケット取れると重から、確認します、というお返事をいただいたのですが、昨日になっても連絡がなく、多分チケットがなかったのだろうと想像していました。(昨日はニューヨークから帰って4日目でちょうど時差のインパクトを一番感じ、夜9時前から寝てしまったのです)
今朝はやく起きてメールをみたら、人間違いだったけど、チケットはとれているから、というメールをいただいていてたので、勇んで!サントリーホールに行きました。予想通り、とても素晴らしいコンサートで、弦楽器は心に響いて、すばらしいなあと思いながら、終演後、磯村さんにご挨拶して来ました。いつもですが、弦楽器は私の心を酔わせる?ような魅力があって、違う世界に迷いこんだようでした。磯村さんにお目にかかった時に同姓同名の方は今日来られないと聞いて、ちょっとほっとしました。(もしその方もくる予定だったらどうなることか、と思っていたので。。)

このシリーズは6月17日まで続きます。いろいろなコンサートがあるので、みなさんもいかがでしょうか。詳細などはこちらです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る