記事の詳細

昨日のシリコンバレーでの最新情報でも「データ」の重要性が何度も出てきましたが、欧米に比べると、日本での「データ」への関心や感度はかなり違うようです。個人情報についてとても厳しいともいえるのですが、データの活用についての議論がなかなか進まないように感じます。
データは誰のものか?特にソーシャルメディアがこれだけ膨大な量になってくると、自分のデータをどう活用するか、守るか、などがとても重要になってきています。米国では、個人データが政治的に使われていることが大問題になったり、またヨーロッパではGDPRが実施されたり、と世界ではデータの問題が大きく議論されています。そのあたりも含めて、来週金曜日6月22日のGAS 特別セミナーでは議論したいと思います。すべて英語です(といってもシリコンバレーのテックの人たちとは違って、それほど早口で話すことはないので、安心してお越しください!) 詳細・お申し込みはこちらからどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る