記事の詳細

ウィスラーでは、にぎやかなところからは少し離れているけど、山のかなり高いところにあるとても広い山小屋(3ベッドルーム)が改装中の為(ここ10年ほど連続して借りていた)、新しいところを2箇所(7月の3週間と8月の3週間)借りています。For English=> 初めてのところなので、いろいろ、あれ?ということがあるのですが、8月に借りている(今いるところ)は、2ベッドルームといっても、かなり狭いです。またここのオーナーは、あまり料理はしないらしく?キッチン用具があまりありません。(7月に借りていたところはフライパンが6つくらい、お鍋も同じくらいあって、いかにも毎日料理をしている人らしい、という感じだったのですが) 毎晩料理をしたい私としては(KMD時代にプロジェクトの学生にいただいたエプロンを東京に忘れてきてしまったので、新しく買ったほど!)料理をするときにいろいろなものを置くカウンタートップが狭いのでなかなか大変です。(でもBBQグリルが使えなかった7月のユニットと比べて、ここのグリルは使えるので、うれしいですが。。)

このユニットには、DVDプレイヤーがない(ちょっと期待していて持ってきていたのですが)、とか、毎朝スムージーを作るブレンダーがない、など、ライフスタイルがかなり違いそうだ、ということが推測できます。こういう経験をすると、自分自身のユニーク?なライフスタイル(毎日自宅ではどんなことをするか)を知ることにもなるのが、興味深いです。「100年時代の人生戦略ーライフシフト」の中のTransformational Assetとも通じると思います。

BBQグリルが使えず、テラスに椅子もなかった7月のユニットに比べると、このユニットは建物の向きもありますが、テラスがかなり快適です。日本では民泊が話題になっていますが、いろいろなライフスタイルを実感するという意味でもいろいろなところに宿泊するのは良い経験になりそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る