記事の詳細

英語は道具なので、何しろしょっちゅう使うことが大事といつもいっています。周囲との会話が英語という環境で、周囲の人とのインターアクションが多い場合は、話す機会も毎日のようにあるので、あまり話すことへのハードルが高くなったりしません。しかし今の私の環境のように周囲は英語でも、話すことというとサーキットのクラスでちょっと友人と話したり、毎朝いくSBでスタッフとしばし話したりという程度の場合、もう少しまとまったことを話す練習をしたほうが良いのでは、と思って、(数年前もカナダでやっていたことがあるのですが)毎日のTo do Listに即興スピーチをiPhoneの音声入力をつかってする、という項目をいれています。

時々は忘れてしまったり、用事が多くてできなかったりすることもあるのですが、今までのところほとんど毎日のように音声入力をしています。今回ウィスラーに帰ってきてすぐの時は、さらにチャレンジ?という感じでビデオにとるという試みもしていました。だいたい朝のうちに何となく感じたことについて話すことが多いのですが、それから発展してブログに書くこともあります。あまり堅苦しく考えず、何しろ毎日やってみるのが大事なのではないか、と思っています。

今日はさすがにウィスラーも日中34度でエアコンがない(扇風機だけ)ので、かなり暑いこと、毎日根を詰めてテックの課題をやっているのですが、公開するためのインターネットのアレンジがうまくできないし、少し飽きてきたこと?などから、これまでの写真やビデオを見てみました。今回ウィスラーに帰ってきてすぐやった5分スピーチをビデオでとってあるのを見て、即興で話しているけど、意外にまとも?というか、フランクに感じたことを話しているなあ、と思いました。毎日(とまではいかなくても週3日とか週末とか)習慣づけることが大事だなあ、また本当に思っていることを話すのが良いのだなあ、と実感しました。誰に聞いてもらう、というわけではなく、自分のために、気楽にやってみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る