今回は3週間でしたが、カナダから成田に帰ってきて、気がつくことがかなりありました。まず一番は旅行者の数です。外国人の旅行者が多いのは数としては知っていましたが、空港へ行くとそのスケールが違うことにびっくりします。荷物をとる所の混雑、税関はほとんど何もチェックする余裕がないという感じでほとんどが通過、それより素晴らしかったのは、顔認証が成田空港でも始まったことです。羽田はかなり前から日本人帰国者はこの所顔認証で通れるので、ものすごーく効率がよく長い列でもどんどん進みます。成田はまだかなあ、と思っていたので、うれしい発見でした。指紋認証がほとんど働かない(私の場合10回で2回くらいしかダメでした)中で、これはさすが!という感じです。

最近は宅急便でスーツケースを送り、成田エキスプレスで帰るより、TCATまでリムジンでいって、そこから一本で帰る方が時間もそれほどかわらないし、楽だということがわかったので、もっぱらそれでやっています。また航空会社のサービスの違いも、複数の航空会社の同じ路線に乗るとかなりはっきりわかるような気がします。

湿度の高さはよく聞いていましたが、乾燥しているカナダから日本に帰ってくると髪の毛のウェーブがすごくなるのと、足がだるくなるので、湿度の違いがわかるような気がします。カナダでは足がつっていましたが、日本では湿度に負けて、足がだるいというように症状も違うようです。!

時差はあまり気にせず、はやく起きてしまったら、それから寝ようとせずに起きてしまい、仕事なり整理なりするほうが良い、と最近何かで読んだので、もっぱらそれでいっています。あとは食欲がなければ食べないというのが、私の場合は鉄則です。

景色とよく知っていたはずなのに、ちょっとあれ?と覆うのは、同じような風貌の人がほとんどということです。ウィスラーやバンクーバーで実感した多様性とは全然違います。