記事の詳細

ニューヨーク最後の日は、昨晩のパーソナルメンタリングのアドバイスにそって、オリジナルサイトの中身を作成するのにかなりの時間を使いました。今週はじめの管理画面にもサイトにも、awsの画面にもいけない「疲れるだけ!」という毎日と比べると、どんどん書いていってあとでレイアウトやどこにいれるか、を考えた方が良いというアドバイスによって、光が見えてきたような気がしました。それに合わせるかのように、ずっと続いた雨も朝だけで、まだ曇りですが、傘を持たずに外にいけるようになって、気分が変わってきました。

明日朝早いのでパッキングをほとんど終えたあと、家族と近くにあるShun Lee Cafeに行き、久しぶりに中華料理を食べたあと、リンカーンセンターの映画を見せながら、ニューヨークフィルが生演奏をする例年のイベントに行ってきました。今回は一番行きたかったSpace Odyssey 2001は日程があわなかったので、どんな映画か知らなかったのですが、There will be Bloodに行ってきました。あまり音楽の部分がなかった(以前見たウェストサイトストーリーやスターワーズに比べると)のですが、映画自体もRestrictedでviolentだと聞いていたのとはかなり違っていました。基本に家族のストーリーがあり、米国ではこういうストーリーが多いなあと思ったほどです。

途中のインターミッションを挟んで、3時間以上でしたが、インターミッションの直前と最後にMichelle Kimがソロをしたのがとてもよかったです。Michelleとは以前ソウルであったこともあり、とても親近感を持っているのです。指揮もニューヨークフィル初デビューのHugh Bruntだったので、応援している人が多数という感じでした。

こうしてニューヨーク最後の夜はおわりに近づいています。例によって11時半頃からCBSのStephen CorbertのLate Showをみています。本当におもしろいので。。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る