今ネットから見られる東洋経済オンラインに、英語関連の広告記事ー世界で自分をアピールするにはー、という私のインタビュー記事が出ています。最初インタビューのご依頼をいただいた時は、は、まだ「英語か?』とちょっと意外に思ったのですが、言葉だけでなく、自分の意見を持つ、そしていかに自分をアピールしていくか、という観点からのインタビューになっています。 言葉としても英語がわかれば世界が広がる、それも桁違い、などを話しています。(これ本当に実感なのです!)

先週天津で開かれていたサマーダボスでも感じましたが、国際会議では、今のところ、英語でコミュニケーションできれば何とかなる!という感じです。(そこであったスイスの友人が、これからは中国語も必要といっていました。実際そうだろうとも思うのですが、私がこれから中国語を学んで、投資対効果があるか、はちょっと疑問だと思います。残された時間が短いので、それよりは、コーディングやExcelを使いこなせるようになった方が良いような気がするのです。

これだけ情報がどこからでもアクセスできるようになった今、日本語だけの世界に住んでいることはどう考えても、つまらない、なあと私は思うのですが、せめて英語の情報を理解できる(話すのもですが、こちらはちょっとエネルギーが必要だとも思うので)レベルになることは、世界で活動したいひとにとってのMUSTだと思います。

子供の頃から外で遊ぶのが好きだったし、なるべく広いところに行きたい、見えないところにも行きたいと思っているのが、私なのですが、狭いところで周りが見える、なんでも手が届くのが良いと思う方々もいるのかもしれませんね。そういえば今日の合気道のクラスの宿題で、スペースがなくてもできる練習を教えていただきました。。。。(冗談ではありません)