今日10月19日夕方、青山オーバルビルにあるSansanの素敵なセミナールームで初めてのセミナーをしました. For English=特別セミナー「5年後あなたはどこでどんな仕事をしていますか?していたいですか?」というタイトルで英語でのセミナーです。各テーブル4人くらいで合計約30人? 申し込みが多かったので抽選ということでした。最初に英語で自己紹介する時は、、、というような実践をしてから、最近の世界、雇用やスキルに影響を与えている要因、これからの時代、何が必要か、などについて1時間弱説明した後、それぞれのテーブルごとに役割を決めて、30分ほど議論していただき、最後に1グループ2分でレポートというやり方をとりました。ディベートをしようか、とも思ったのですが、テーブル数が多いし、テーマがテーマなので、違ったやり方をしてみました。

昨晩のソフィアではスライドが多すぎたのと、実際にやっていたら流れがもうひとつ、だったので、1時間弱という時間も考えて、スライドの数を減らし、流れがアウトラインに合うように、今朝組み直したのです。参加者のプロフィールや最初に”What are you here for?”と聞いた時の反応からも、役割を決めて考えていただくのが良さそうだ、と直前に決めたのです。初めてのグループとしては、グループ活動も積極的でしたし、なごやかな感じで楽しいセッションでした。最後に、始まる前より楽観的になった、光が見えた?か悲観的になったか、伺ったところ、前者の方が圧倒的に多かったし、終わった後名刺を交換した時も、「何となく元気が出ました」といっておられる方が多く、とてもうれしいことでした。

私のセミナーの後、「元気が出た」「明日から頑張ろう」といっていただく方が多いのですが(昨日もー下の写真は昨日のもの)、セミナーをやっている時のエネルギーレベルが高いと、私の方が元気をいただく、ということが実は多いのです。やっているうちにどんどん元気になっていくのを自分でも感じます。(以前も書きましたけど、ライブのコンサートなどでもアーティストがそのようにいっていることを聞いたことがあります)

ニューヨークから帰って2日連続でセミナーを3つやりましたが、結構元気でいられるのはエネルギーが双方向に働くからではないか、と思っています。さすがに今日終わった後は自宅に帰ってほっとしたせいか、ちょっと疲れた感じがしましたが。。。明日夜ももうひとつセミナーがあります!