記事の詳細

昨日ミラノから帰ってから、幾分強行軍という感じでしたが、必ず行こうと思っていた東京芸術劇場で開かれた藤倉大さんの Solarisのコンサートに行きました。For English=>  このところ続けて大さんの活動に触れる機会があったのですが、今回は特にTweetなどでリハーサルの模様などを見ていたので、とても楽しみにしていました。でも時間も余裕もないまま、私はSolarisの原作や映画について全然しらないままいったのです。演奏会形式だったので、英語での歌詞、それが日本語で出るというスタイルでした。私は、ノマドの音楽がすばらしいなあと感じつつ、字幕が出るとストーリーに目がいってしまい、ちょっと残念な気がしました。音楽自体をもっと純粋に聞く方が良いような感じだったのです。しかしエレクトロニクスを活用した?音響が素晴らしくて、別世界にいるようでした。

(ロビーでは三味線の本條秀慈郎さんに会いました。この間の大さんの個展ではすれ違いだったのです。また上を見たら何と絹谷さんの作品が3点あって、思わず写真をとってしまいました。左の写真。また11月後半にお目にかかれるので。)

そして今日は慶應三田キャンパスで開かれたIDEOのTim Brownの名誉博士号授与式に行ってきました。演説館という普通は誰も入れないところでの式だったので、ちょっと珍しく(私は慶應の卒業生ではないので、あまりいろいろなことを知らないのです)とても素晴らしい場によんでいただいて、とてもうれしく思いました。

思い返すとTimにはずっと前(10年以上前?)のダボス会議でイノベーションやデザインのセッションをしているのを見て、その後ブレーンストーミングセッションにたくさん参加したことから、知り合ったものです。今日も話していたのですが、IDEOの東京の最初のオフィスにもいったことがありますし、サマーダボスなどの帰りに空港でよく一緒になったことを懐かしく思い出しました。私がデザインやデザイン思考に興味を持ったのは、Timとの出会いが大きかったのです。久しぶりにKMDの友人と会い、新しい人たちとも話をすることができて、楽しい一時でした。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る