記事の詳細

先週その1をお知らせした後、いろいろ書くことが多くかったので遅くなってしまったのですが、もうひとつ今週(すでに今週になってしまいました)あるセミナーをご紹介します。

For English=>以前もお知らせしました)こちらはグローバルゼミ特別セミナー第5回で、イスラエルでの人材開発の秘訣を探ります。イスラエルは昨年サムライインキュベートの榊原健太郎さんをお招きしてセミナーをした頃は、ほとんど日本で知られていなかったのですが、最近は多くのビジネスリーダーも若い人もイスラエルに大きな関心を持っているだけでなく、実際に情報を集めたり、いっている人がかなり増えているようです。

かなり前からイスラエルがイノベーションの宝庫であることは知られていた(シリコンバレーにいた人がイスラエルに戻るというのでオフィスをつくった米国の会社もあったと聞いていますから)と思いますが、何がその背景にあるのか、どんな考え方をするのか、どんなやり方で人材を開発しているか、などについては、一部榊原さんのお話で垣間見ることができましたが、あまり詳しくは知られていませんでした。今回はまさにそのテーマに正面から取り組みます。

ゲストは、若い世代から最高の人材を見つけ、科学やテクノロジーを教育するタルピオット・プログラムの日本版を開発してサポートしているShussman氏です。Shussman氏の講演の後、私と対談をしてから、会場との質疑応答をします。質疑応答の時間をなるべく多くとるようにしますので、たくさんの質問を持ってお越しください。詳細お申し込みはこちらからどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る