記事の詳細

勤労感謝の今日、11月23日は日帰りで京都に行ってきました。For English=> 永守文化記念財団の評議員会に出席するためです。毎年この会議は日帰りでかなり忙しいのですが、楽しみにしています。それはこの財団の活動に関する議論もですが、メンバーがとても素晴らしくて、いつも色々新しいことを学ぶことができるからです。理事長は永守さんですが、メンバーは、建築家の安藤忠雄さん、アーティストの絹谷幸二さん、それから演出家の植田紳爾さんなどいろいろな分野の方々です。特に違う分野のアーティストの方々のお話が、とても面白くて毎回興味を惹かれることがたくさんあります。

 会合の後、懇親会ディナーがあるのですが、今日はその場で絹谷さんの個展を京都の高島屋でやっていることを伺いました。懇親会が早めに終わったので、それなら高島屋の個展を見に行こうと、絹谷さんに相談したところ案内してくださることになりました。

 3連休なので、京都はとても混んでいてタクシーが渋滞して大変でしたが、何とか高島屋までたどり着き、全体を見せていただきました。この間たまたま東京芸術劇場のロビーで絹谷さんのすばらしい壁画を見ていたので、個展なら、またぜひ見たいと思って、お願いしたのです。

広々したところに多数の作品がありましたが、さすがに素晴らしいものでした。アーティストの絹谷さんに案内していただく、と言う信じられないような幸運でした。カタログにサインをして頂き、急いでタクシーに乗って京都駅に帰ってきました。渋滞を心配していたのですが、無事京都に着いて、新幹線に乗ることができました。

今回は、安藤さんとも少しだけお話ししましたし、植田さんともお話をすることができて、とても有意義な1日でした。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る