記事の詳細

今朝はこの間ニューヨークにきた時に数年ぶりに再会した友人とブランチをしました。For English=>  以前McKinseyで同僚だった人で、今コロンビアで教えているのですが、グローバルゼミの昨年の参加者から教えてもらって、再会したものです。今回もニューヨークにいるけど、会える?と聞いて、近くで会いました。McKのReunionの話をしたり、彼女のやっているプロジェクトや研究のことをしばし話してから、映画の話に。Boheian Rhapsodyと私も見に行こうかと思っているStar is Bornのことを。後者もとてもよかったと聞いたので、明日にでも行こうかとおもっています。今回はニューヨークに遊びにきている人が多く、ミュージカルや演劇のディスカウント・チケットを買うのに並ぶのを避けて、通りの向こう側とすぐ近くにある映画館を試しています。最近はフライトで映画を見るばかりなので、映画館で見るのも違った経験でなかなか楽しいものです。先回は、写真を撮らなかったので、今回はウェイターに頼んで撮ってもらいました。(左)

そして今晩は楽しみにしていたAndrea Bocelliのコンサート。10月にミラノに行った帰りに見たMusic of Silenceが印象に残っている中で、マディソンスクエアガーデンの予定を調べたら、Andrea Bocelliがやっていることがわかり、チケットを買ったのです。

あの広いマディソンスクエアガーデンが完売。よくチケットが買えたと思いました。(豚院斜めからでしたが)

7時半少しすぎからすぐ本人が登場して、2時間半以上の感動的なコンサート。他のアーティストと一緒に歌ったり、バイオリンソロが入ったり、支援しているハイチの子供達とのアヴェマリア、Amaging Graceその他、歌を歌い始めた息子とも一緒に歌ったり、感動するところが沢山でした。演出もいろいろ考えてあって、素晴らしいものでした。とても好きな曲も最後の方にやりましたし、まだ出したばかりの新しい曲もすばらしかった。音楽の力、感動して泣きそうになりました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る