記事の詳細

年末が近づいてきていろいろなイベントがあり、皆忙しい日を過ごしていますが、2018年を振り返って、新年に向けて新しいことを始めようといろいろ考えている人もかなりおられるのではないでしょうか。For English=> 私も年末には一年の活動を振り返って、Holiday greetingsという手紙を書いてメールで送るのですが、今年はこのコラムを考えるにあたって、これまで年末や年始の習慣で、あまりに考えることなく、「惰性」でやってきたことから脱皮するのはどうだろうか、と考えました。お歳暮や年賀状など年末の習慣や、新しい年の抱負などを考えるのも良いのですが、ちょっと発想を変えて、「やめる」ことを決めてはどうか、と考えたのです。

その時にすぐ頭に浮かんだのは、スマホやソーシャルメディアです。スマホがいろいろな機能をはたすようになり、何でもスマホでする人が増えているのとともに、Tweet, Face book, Lineなどソーシャルメディアを常にチェックしている人もかなりいるようです。チェックするのが悪いというのではないのですが、中毒症状のように朝起きたらスマホでSNSをチェックする、夜眠る直前までスマホを見ているという状況になるとこれはちょっと問題ではないか、とおもったのです。そんな生活をしている人がかなりいるようですが(私も一時そんな感じでした)問題は、これほど深い習慣になると、自分で考える時間も力もなくなるのではないか、ということです。かなりの時間を使いますし、一日中チェックしているので、依存症に近い状況のようなのです。(実際にずっと続けるようにアルゴリズムがデザインされているのではないか、という懸念も最近では聞かれます。

そこで、年末というタイミングに、少なくともスマホと一緒に寝るのはやめてはどうか、というのが私の提案です。私も朝と夜はスマホを時計代わりに目覚ましに使ったりはしますが、SNSをチェックすることはやめました。「始める」ことより「やめる」ことを考えよう!ということです。記事はこちらのリンクから読むことができます。これまでOpinionに書いた記事のリストはこちらです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る