記事の詳細

昨晩遅く1週間いたニューヨークから帰ってきたのですが、今朝から「いつものパターン」に戻り?、朝は合気道のクラス、そして夜は父と夕食をしました。For English=>  合気道のクラスは、何と、一時間遅くして次のクラスと合同にしたはずだったのですが、生徒は私一人!でプライベートレッスンでした! 今期は何度か休んでいたので、プライベート・レッスンができてラッキーでした。基本の一連の動きを何度も教えていただいたのですが、最初は流れがわからず、流れがわかっても体が思うように動かずかなり苦労しました!でも1時間密度が濃いクラスだったので、今期最後のクラスとしてはとても満足でした。

食料品など買ってから自宅に帰り、いない間にきていた(でもプリントアウトしていなかった)書類をプリントアウト。(これに毎回かなり時間がかかります!帰ってすぐやらないと忘れてしまうのです)そうしているうちに、お取り寄せで頼んでおいた冷凍食品が続けざまにきたので、マンションのパントリーの冷凍庫にいれてもらうようにおねがいして(私の冷凍庫は満杯!)、その他支払いや返事をしてちょっと落ち着きました。

夕方は2週間あっていなかった父を夕食によんでいたので、今日は少し趣を変え、中華風の食事にしてみました。(この間新聞で見たらおいしそうだったので)。父はだいぶ足が弱くなっていて、立ったり座ったりがとても大変です。食事はおいしいといって、ほとんど食べたので、お土産にクッキーを少しとマグカップをあげて、タクシーを呼びました。また車椅子で玄関まで行こうとしたのですが、ダイニング・テーブルの椅子から立ち上がることはできたのですが、歩くのが大変で、珍しく「歩けない」といったので、励ましたり、助けたりしながら、車椅子に座って玄関へ。シニア・レジデンスにも電話をして、迎えてもらうようにアレンジ。最近だいぶ体力がなくなってきています。(テーブルの上にAndrea BocelliのCDが見えます。今も最新CDを聞いています!)

先日のGeorge HW Bush 大統領に同時代の政治家Bob Doleが車椅子から助けを借りながら立ち上がって、敬礼したのを見ていた時も、父のことを思い出していたので、今回は逆に父の様子を見て、Bob Doleの姿が思い浮かびました。自分がそばで見ていないと、足が弱る、立ち上がるのが大変など、なかなか実感が湧かないのですが、父の様子をいつもみているので、他の人の状況も多分こういうことかな、とわかるようになります。

今週の土曜日は父の97歳の誕生日なので、いとこなどとランチをする予定です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る