記事の詳細

今年のクリスマスは、いつもグローバルゼミなどでお世話になっているアカデミーヒルズの皆さんを一緒に過ごしました。For English=> 今年も無事?終わったので、私のマンションで皆さんとシャンパンその他、食べたり飲んだりしながら、いろいろな話をしたのです。とても興味深かったのは、大学などを卒業した年によって、学生生活や就職活動などが全然違うようだ、ということです。バブル真っ盛りの時に学生だった人たちの豊か?な生活に比べて、氷河期の人たちは全然生活が違うことがよくわかりました。私は団塊の世代で皆さんよりずっと上なので、就職、しなきゃいけないの?という時代の人なのです。

こういう話を聞いていると、人々の価値観やライフスタイルがいかに環境に影響されるものなのか、がわかります。とかく「日本ではずっと前から。。。」という言い方がされますが、そうではなさそうだ、と感じました。ある価値観が社会の規範?のようだったことや、ライフスタイルが皆同じでないと許されないというような話は、その時代の背景を知ると新しい発見があります。仕事をしている時はこうした話はなかなか聞けないので、とても楽しい一時でした。。。クリスマスをこんな形で過ごせるのはラッキーだなあ、と思いますし、またこれだけ価値観が変わったことがあるのであれば、来年はまた変革が期待できるかな、と感じました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る