記事の詳細

2018年があと数時間で終わる今になって、今年の活動を少しずつレビューしています。毎日それぞれの活動(といってもかなり大きなグループわけですが)につかった時間を記録しているので、それを集計してみたり、2ヶ月が1ページになっているカレンダー(活動ごとに色分けしている)を見たりしています。今年はいろいろ新しいところへいったり(1月のポルトガル、10月のイタリアなど)、新しい取り組みをしたりしたので、カレンダーを見てもすぐ思い出せません。明日からもう一度レビューをしようと思っていますが、今日のところは、主な旅のことだけを書いておきます。

2018年1月は会議の基調講演をするためにポルトガルのポルトにいってきました。その後京都で研修をしたあと、2月にはハワイに数日いっていました。3月には昨年秋にいってすっかり気に入ったサンフランシスコへ(ニューヨークと勘違いしていました!)。そして4月後半にはロサンゼルスとパームスプリングスへ。5月末は久しぶりに私の一番好きな街、ニューヨークへ行き、6月は株主総会で大阪へ、7月は例年のようにカナダのウィスラー、1週間ほど東京に帰り、8月はまた3週間カナダへ。9月はニューヨークへいってからすぐ会議で天津。10月もニューヨークへいってから数日日本に帰って、今度はイタリアのミラノとフローレンスへと慌ただしい日がつづきました。さすがに9月10月と海外が続いたので、11月は大阪、京都だけ。12月にまたニューヨークに行きました。

まだ全体の日数を数えていませんが、多分1年のうち3ヶ月半くらいは国外にいることになると思います。(ここ数年そうでした)昨年はいつもいくところでないところ、というので、サンフランシスコや香港にもいったのですが、今年はポルトガル、久しぶりの天津、それにミラノくらいでした。今年は秋から新しいプロジェクトを始めたり、春からオンラインでプログラミングを学んだりしていたので、毎日が新しい経験、それにかなり時間に追われたという感じでした。

昨年などはかなりリラックスした時間を過ごしているような香港の様子などから考えると、まだレビューをしていないほどいろいろなことがあったのだなあ、と感じています。世界も毎日何が起こるかわからない、という状況でしたので、それと同じ感じかな。。と。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る