記事の詳細

3日の昼前にJFKについたのですが、宿泊するところがまだ部屋の準備ができていず、それならということでLincoln Centerのディスカウントチケット売り場にいってみました。For English=>  販売が始まる12時前にいったので、12月ほど(列が建物の外まで続いていた!)混んではいませんでしたが、結局40分くらい待って、The Promの今晩7時からのチケットを買いました。前から4列目少し左側でしたがとても良い席。劇場は満席のようでした。

今回は来る直前に、劇団四季の方々に、NetworkかPromかどちらかにしようと思っているのですが、と新年のご挨拶と一緒にメールで伺っていました。(以前は良くこのように伺っておすすめとか話題作を教えていただいていたのです。最近は時間の余裕がなかったり、ということで久しぶりでした)そうしたら自分で見たわけではないけれど、Promはdirectorなど製作メンバーが良い、と教えていただいたので、こちらのチケットが買えたら良いなあ、と思っていました。1枚というのはかなり可能性が高いのですが、今日はそもそもディスカウントチケットのリストが少なく、Networkもリストにありませんでした。

フライトで寝たとはいえ、その前の日も睡眠時間が足りなかったので、8時からの長いショーはやめようと思っていました。運良くPromが買えたので、そのあと食料品などを少し買い物し、帰ってみたら、部屋のチェックインができ、それから2時間ほど昼寝をして、スポーツクラブで簡単な運動のあと、シャワーを浴びて、一路!ブロードウエィへ。

The Promは評判が高いだけあって、とても楽しく、笑う場面が多数あり、それでいてメッセージが明快(inclusive)、場面転換や主役のそれぞれの見せ方も本当に上手で、すっかり感心してしまいました。最近はHamiltonや新しい形のミュージカル全盛という感じだったところに、昔ながら?のやり方だけど、そこここに気の利いたセリフが散りばめられ、極めて今日的なストーリーで俳優もそれぞれとても素晴らしく、終わったあとの怒涛のようなstanding ovationも納得!という感じでした。40分並んだけど、十分その甲斐があったなあ、とうきうきして帰ってきました。

第1日目はニューヨークを満喫したという感じでした。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る