記事の詳細

最近かなりの数の企業のトップ(ほとんどが米国)の活動を詳細に分析した研究結果を読みました。=> For English 事業環境が複雑化しており、不確実性がさらに増す中、時間をどう使うか、がトップにとって、とても大きな課題になっていることが背景にあるのですが、ほとんどは「そうだろうなあ」とそれほど驚かなかった中、ひとつびっくりしたのは、平均睡眠時間が7時間以上という結果です。常に時間がたりないと思っていたし、睡眠時間を削っているのではないか、と思っていたので、この数字にはとても驚きました。多分最近睡眠時間をしっかりとることの重要性が強く認識されるようになったからではないか、と思います。

以前は(このブログにも書いたかもしれませんが)、いかに睡眠時間が短くてもどんどん正しい?意思決定ができる、などテック関係の会社では、睡眠時間の短さを競争しているようなところがあったのとは様変わりです。私も7時間は確保しなくては、と心を新たにしています? (昨晩はスカイプで2時間以上夜遅くまでミーティングをしていて、今朝はやかったので、さすがに疲れてしまったので、このことを思い出しました)。今日こそはやく寝よう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る