記事の詳細

私が昨年からオンラインコースで初めてのプログラミング、そして、WordPressのコースを苦労して習っていた時のパーソナルメンターで、最近のsinca.tokyoのウェブサイトもサポートしていただいている中本さんが、岡山でボランティアとして、小学生などを対象にやっておられるプログラミング講座の記事が山陽新聞に出ています。For English=> 送っていただいたので、元の記事を探したのですが、いまのところ挫折しているので、あまりよくみえないかもしれませんが、左にポストします。以前から子供にボランティアで教えていることを聞いていたのですが、このようにしてやっているのか、とよくわかりました。

私もプログラミングを習っているといったら、ニューヨークにいるgranddaughter(いま11歳)もscratchをやっているから話があうのでは?といわれて、しばし一緒に遊んだことがあります。(私は以前自習サイトをやっていた時にscratchを試したことがあるのです!)その後、先月ニューヨークにいった時は、一番年下のgrand daughter(8歳?)がスライドショーに凝っていて、一緒にやろうというので、彼女が習っているスペイン語のストーリーを二人でつくりました。(by Yoko & Katharine という感じ) 子供たちと一緒に何かできるのは、とても楽しいので、きっと中本さんのプログラミング講座も楽しいだろうと思います。以前お目にかかった時に、とても楽しいといっておられたし、とても高度なロゴやプログラムをつくっているらしかったので。

この話、SNSに書いても良いですか?と中本さんに伺ったところ、兄弟弟子だからいいですよ、といわれました。岡山にとても若い仲間がいると思うと、何となく楽しい気持ちになります。(きっとどんどん上達して、いろいろなことができるようになるのだろうなあ、と思っています。)私もゆっくりだけどがんばらなきゃ。。。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る