記事の詳細

先日、SNSにはかなり書いた安宅さんとSFCが官邸でやった「シン・ニホン」プレゼンテーション(今の日本の数学の基礎に対する知識レベルの低さやその対応策がほとんど何もされていないらしい状況)に衝撃を受け、何をしたら良いか、としばらく考えていたのですが、やっと今日、小さな一歩を踏み出す機会がやってきました。For English=>  私はいわゆる文系だったので、数学は高校から全くやっていないのですが、何とか数学の基礎をもう一度学びたいと思っていたのです、この衝撃を活用?して、自分で数学の基礎を学んではどうか、と考えました。レポートにも出ていた線形代数、微分積分、統計確率の3分野について、ビジネススクールにコースがあった統計以外は、基礎の知識がなく、(それもCourseraなどのオンラインで一度トライしたのですが、すぐついていけなくなってしまっていたのです)何とかこの機会に基礎だけでも学びたい、自分でチャレンジすれば周囲にもやってみようという人が見つかるかもと思ったのです。

たまたまLinear Algebraと検索してみたら(線形代数といわれても何だかしらなかった!)英語のオンラインコースが2月12日から始まることを見つけ、試してみようかな、と思っていました。でも確定申告のために書類の整理が予想以上に時間がかかり、12日には間に合わず、最初からあまり野心的だと挫折してしまいそうだったので、残り2つ、微分積分と統計確率のとてもベーシックなテキストを買いました。

やっと今日書類の整理も終わったので、買っておいたテキストを読み始めました。(日本語です)まずほとんど何も基礎知識のない、微分積分のテキストを読み始めた所、3章くらいまでは何とか理解できたのですが、そのあたりでわからなくなってしまい、休憩。統計確率のテキストを読み始めました。こちらは以前(といっても数十年前)コースをやったことがあるので、ある程度理解できたので、少し気分をよくしました。

まだまだ時間がかかりそうですが、それでもずっとやりたかった数学の基礎をこの機会に学ぶのは、良いアイデアはないか、と思っています。この感じが続くと良いのですが。。。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る