記事の詳細

今日ほど、東京への一極集中、そして最近日常茶飯事になっている電車の遅れ(人身事故、テクニカルなど)を実感し、そして、なぜこうして皆が同じ時間帯にオフィスに行かなくてはならないのか、行こうとするのか、を感じた日はありませんでした。For English=>  時差通勤などいろいろやっているのですが、根本的な解決には全くなっていないようです。テクノロジーがこれだけ進歩しているのですから、在宅勤務、ビデオや電話会議など手段はいくらでもあると思うし、電車が遅れる中、多くの人が血相を変えて走っているのを見ると、これで生産性向上や働き方改革ができるのか、と感じます。

今朝はラッシュが始まる7時半より前に電車にのったのですが、渋谷からの山手線が事故?のため遅れていて、ホームはあっという間に人でいっぱい。次から次へと電車が遅れるので、皆必死。さらに品川からの京急も遅れていたので、羽田から関西工場のオープニングに行くために乗る予定の飛行機にはギリギリで間に合う!というスリルとサスペンスの朝となりました。伊丹についたら、今度はアイドル時間が1時間近く、そしてバスで1時間強と時間が?という1日になりました。帰りも地下鉄が遅れてしまい、こちらも大混雑。皆必死で乗ろう、降りようとするので、こちらもスリルとサスペンス。今日が昨日と同じで、明日が今日と同じような人生は送りたくない、といつもいっている私ですが、テクノロジーなどを活用してもっと抜本的な解決案が実施できるのに、なぜか、ちょっと?な意味での、スリルとサスペンスの毎日です!

しかし今日は電車で押し合いへし合いしたので、Apple WatchのActiivtyは到達、待ち時間にはソニーCSLの「好奇心が。。」をかなり読めたので、それはよかったことですが。。。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る