記事の詳細

3月8日金曜日夜、琴平タワーで、SINCA初めての実践セッションを開きました。For English=>  BCCJでのセッションから2週間だったこと、初めての実践セッション、それも音楽!ということだったので、チームは人集めに、会場のレイアウトにと大忙しでした。博報堂の森さん、アートコンサルタントの森岡さん、そしてクラリネットの吉田誠さん(飛び入りでピアノの小菅優さんもきてくださいました)をゲストに、企業などで組織をreiinventするためにアートを活用するというコンセプトで、Steve Reichのclapping musicを教えていただきながら、皆で試してみました。4つのグループに分かれて、グループで練習、それから全体でやりました。初めてなのでなかなか難しいのですが、数回やったらちゃんとできるように。

その勢い!で、吉田誠さんがやりたいビジョンの2つー1)音楽教育をもっと楽しくクリエイティブなものにデザインする と2)音楽家個人のフェスティバルを企画するーをテーマに、clappingをした4グループがブレーンストーミングをしました。(優さんももちろん、それにゲストもあちこち参加してくださいました)

今回からセッションが終わってから食べたり飲んだりするのではなく(それだとお腹がすいてアイデアも出ない!)、途中から食べたり飲んだりしながらディスカッションを続けました。50分くらいで、各グループからレポートバック。今回はアイデアがいろいろ出てとても充実していたと思います。

その後、吉田誠さんが演奏してくださるということだったのですが、何と!森さんとお二人でHappy Birthday!が始まりました。私は誰の誕生日かな、と気楽に歌っていたのですが、3月が私の誕生日と知っていた方々が私のために、お花までくださいました! それからいよいよ誠さんの現代音楽(といって良いのかわかりませんが)演奏があり、最後にグループ写真をとって終わりました。ゲストのみなさん、ありがとうございました。また参加者のみなさんも何だかよくわからないままに?お越しいただきありがとうございました。もちろん2週間大忙しだったチームにも感謝しています。短いiMovieを作った(ボイスオーバーは英語です)のでご覧ください。感じがわかると思います。こちらからどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る