記事の詳細

 毎月書いているJapan Times Opinionのコラム。”Heisei era:-slow decline…”が今日13日のJapan Timesのpage 9に出ています。For English=> 

ちょうど新しい年号に関する記事などが多かったし、たまたまTweetにコメントをいただいた若い学生とのやりとりで、30年という年月(というか自分の年齢といった方が良いかもしれません)の長さからくる経験や印象の違いを実感したこともあるので、平成という時代はどう受け取られているのだろうか、と調べてみたのです。全体の印象や年代別の受け止め方など、これから期待すること、解決しなくてはならないことなど興味深い結果が出てきました。そこから背後には何があるのだろうか、新しい時代にどんなアクションをとるか、などシナリオを考えました。

記事はこちらから見られます。またこれまでこのコラムに書いた私の記事はこちらです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る