記事の詳細

SINCAのちょっと変わった?セッション 「Clapping Musicを用いて新しいアイデアを」が1週間前に終わったばかりですが、次回のお知らせです。For English=>  (年度末や新しい仕事などで忙しい人も多いと思うので、はやめにお知らせします。)次回は4月12日金曜日、テーマはいま話題のSDGsそれもゲームで中身を理解しようというものです。SDGsゲームはいろいろなものが提供されていますが、今回のゲームは、金沢工大で開発したTHE SDGs Action cardgame「X(クロス)」です。(英語版のマニュアルなどもダウンロードできます。KITのサイトから登録してください)

11月30日に100BANCHでやった起業家セッション第一部でもSDGsとゲームを紹介していただき、少し試したのですが、時間が短かったため、ビギナー版を少しやっただけでした。今回は最近企業の事業戦略だけでなく、研修プログラムなどでも盛んに使われているゲームを十分実践する時間をとっています。リードしてくださるのは、グローバルゼミ2010年の参加者でいま金沢工業大学でSDGsをはじめとする社会的課題の研究をしておられる平本督太郎さんとそのチームです。

SDGsは、網羅的なので、何となくわかった気になっても、実際事業で活用しようとすると、トレードオフなどが明らかになって、実践にはいろいろな視点から考えることが必要になります。それをカードゲームでやってみようという試みです。もちろんすべて英語でやりますので、英語で SDGsゲームを海外の人と試してみるのにも有効だと思います。

4月12日金曜日開場は19時15分セッションは19時半から始まります。先回の経験から、グループディスカッションをしている途中から飲み物、食べ物が出てきます。(そうでないと、9時すぎまでにお腹がすいてアイデアが出ない?!) 場所は虎ノ門琴平タワー。最近何度かセッションをしているとても便利なところです。 facebook eventはこちらから。登録はこちらです。多くのみなさんのご参加をお待ちしています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る