記事の詳細

2010年から六本木アカデミーヒルズでほぼ毎年やっているグローバルゼミ(Global Agenda Seminar)が今年も6月から開かれます。その概要が発表され、募集が始まりました。今回のテーマはWorking Across Differences” ~価値観の異なる人々と協働する~、ダイバーシティ多様性の本質とは何かを考えます。  議論はよくされるのですが、多様性を実現することはなかなか難しいです。組織の多様性もですが、人生100年時代にいかに個人が多様な経験をもつか、(多様性は、テキストやネットの情報、クラスにいくだけでは身につかないと思うので)多様な分野の多様なネットワークを持つか、は、個人が人生を豊かにするためにもとても大切だと思います。多様な経験を持つというのは簡単ですが、実行しようとすると時間もかかるし、かなりのエネルギーが必要です。また自分と違う人(外見、意見、経歴など)とどう付き合っていくか、なども課題です。(実際いろいろなところへ行く、人と会う、違う分野のことを学ぶなどは、結構疲れることなのです!)

一方、世界を見渡すと自分の価値観の世界だけにとどまり、価値観の違う人とは接触もしない、情報も得ようとしない、しだいに多様を許さないという方向に進んでいる、あるいはそういう力がましてきている、とも考えられます。最近のニュージーランドでのテロ事件しかり、テクノロジーが進んで何でもできるようになるのではと思う人もいるかもしれないなか、各種のアルゴリズムに見られるバイアスなど、あげていくときりがないほどです。こういう時代、環境だからこそ、一人一人が多様性を経験し、実感できる機会が不可欠ではないでしょうか。

そんな意欲を持つかた、ぜひ応募してください。また英語?とても無理と最初から諦めてしまう方も多いようなのですし、最近私のセミナーの機会がない、といわれてもいるので、その方々に実際経験していただくために、体験セッションも予定しています。6月から9月までのプログラムの概要などはこちら。4月26日の体験セッションの詳細はこちらです。やってみないと何も始まらないので、まず試してください!お待ちしています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る