記事の詳細

昨晩、元麻布のCode ChrysalisのDEMOにいって来ました。For English=>  昨年(だったと思うのですが)、Code Chrysalisを始めたKaniにEconomist Corporate Network の会合であって、早速SiNCAで何かできないか、とスタジオにいったことがあるのです。その時はまだちょっと時期尚早だったため、今年の半ばくらいかな、と思っていたところに、DEMOのご招待をいただいたので、行ってきました。(昨年、Code Chrysalisではないのですが、日本のオンラインコースで私も初めてのプログラミングとWordPressを習ったのです。ーかなりの投資ーお金と時間ーがかかり、常に課題に追われていてとても苦労したのですが、何とか終えて、新しい取り組みのsinca.tokyoのウェブサイトも自分で管理できるようになりました。一方コースの最後の課題で作ったオリジナルサイトはその後、sinca.tokyoやそれ以外の仕事が忙しくなってしまい、あまり更新していないので頭が痛いのですが。。。

もう3月も終わりだし、新しいことを始めたいなあ、と思っていたこともあり、DEMOにいって来ました。 スタジオにはたくさんの人が来ていて、KMDの卒業生にも、ビジネスリーダーにも久しぶりに会いました。3ヶ月のすごいコースを終えた人たちの最後の発表会だったのですが、私には特にテクニカルのレベルが違いすぎてほとんどわからなかったのです。でも、やろうとしていることの中には興味深いものがいくつかありました。顔認証から、その人の気分を見極め、それをstabilizeするという「おみくじ」、ブロックチェーンの応用、音楽の作曲など、技術的側面は全然わかりませんでしたが、概要はわかったと思います。私が一番おもしろいと思ったのは、最後のプロジェクト。facebookがどれほど自分のデータを持っているか、どこに使っているか、を探索するものでした。私はfacebookを使っているので、どこまでトラッキングされているのだろう、と興味津々でした。(そんな悠長なことをいっていてはいけないのかもしれませんが。。)

このイベントにいったことで、またコーディングなどへの興味がましてきました。もうすぐ4月ですし、また何かトライしようか、と考えています。

ところで、Code Chrysalisには、Yamaneco Scholarship for women & LGBTQという女性やLGBTQを対象とした奨学金があります。今教えていただいたのですが、面接その他テストをパスすれば、7月から始まる3ヶ月のImmersive Bootcamp Courseの費用をYamanecoが提供する奨学金から提供されるそうです。素晴らしい機会なので、ぜひ詳細を見てください。4月1日には説明会がスタジオで開かれます。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る