記事の詳細

今晩、六本木アカデミーヒルズで開かれたSony CSLの30周年出版記念セミナーにいって来ました。For English=> このご本は前にブログにも書きましたが、ものすごーくおもしろくて、セミナーのことを見つけて、ぜひ行こう!と決めていました。ご本もでしたが、2つのパートからなるセミナーもとてもエキサイティングでした。パート1では5人のリサーチャーが今興味を持っていることをそれぞれ5分で説明したあと、パネルディスカッション。リサーチの説明は一部私の知識をはるかに超えていて?というところもありましたが、パネルはいろいろな意見が出てとても面白く思いました。

30周年記念のビデオ(これもいろいろなリサーチを説明していて興味深かった)のあと、パート2では2人のリサーチャーの説明とパネル。パネルで印象に残ったのは、1)Sony CSLが大切に考えていること(これは本を読んでください)、2)Obsession & Imaginationが鍵、3)おもしろいかどうかが基準。4)権威という概念が存在しない、5)孤独?何それ?という感じ。6)クリエイティブになるには、旅をする、体の限界?を感じる、組み合わせられるための引き出しをたくさん持つ、Disipline-毎日決まったルーティンで仕事をするーが大事などです。(もっとあるのですが、今夜11時あすはやくからミーティングがあり、赤ワインを飲んでいるので、このくらいしか思い出せません!)本は絶対おすすめです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る