記事の詳細

 昨晩、六本木アカデミーヒルズで、今2019年度の参加者を募集中のグローバルゼミの体験セッションが開かれました。For English=>  10連休の前日ですし、前の日から休みをとっている人もかなりいるらしいし、朝起きてみたら、雨で寒い!ので、みなさん集まってくださるかどうか、とかなり心配していました。(それもあって、最近でた文庫本をみなさんに一冊ずつプレゼントしました!)でもほとんど満席でしたし、みなさんとても積極的だったので、私にとっても楽しいセッションになりました。ー5月13日までに多くの方にエントリーしていただけるとうれしいです。

私が話すより、みなさんに参加していただくことが大切なので、最初にそれぞれ10連休何をするか?を隣の人とシェアしていただきました。(何もプランがない、でも全然構わない!といっておきました)それから小グループで、皆のプランを聞きながら、ひとつのストーリー、それもグローバル人材やスキルに関連するようなストーリーを考えていただくようにとお願いしました。3−40分くらい、活発な議論のあと、いくつかのグループに議論したことをレポートしていただいたのですが、いずれもなかなかセンスがあり、なるほど!というものでした。このくらいの感じなら、実際にグローバルゼミに参加していただいたら、いろいろおもしろいことができそうだなあ、ととても勇気付けられました。

その後、私が準備していたプレゼンテーションをして(予想以上に時間をとってしまいましたが!)質疑応答。質問も考えさせられるものが多くて、私にもとても参考になりました。たとえば、unlearnするにはどうすれば良いか、どこで仕事をするか決める時、何を考えるか、子供ーご自分の6−8歳?の息子さん?ーに学ぶことがエキサイティングだと感じてもらうには何をしたら良いか、などです。いずれも、その場で私も考えねばならないものばかり、特に最後の質問は心に残り、2週間前から気になっていた「discipline」のことを今朝になって!思い出しました。学ぶことは楽しいという第一印象を持ってもらうことが大事で
あるのは言うまでもない(だから新しいことを学ぶのは外国人からの方が良いみたいです!〜私の経験では)のですが、それだけではなくて、毎日練習するなどdisciplineを身につける、習慣づけることが大切だと思います。(昨晩は、これをいうのをわすれてしまったのです!)

なぜdisciplineが出てきたかというと、2週間前に資生堂のS/PARKのグランドオープンの日、午後からの研究者向けのセミナーのあと、関係者との会食の時に聞いた言葉を思い出したからです。セミナーでは、まずボストンから来られたハーバードメディカルスクールのD. Fisher先生が、専門領域の話(日焼けなど)をされたあと、私が「今世界は、、、」的な話をしたのです。そのあと会食の時に、Fisher 先生がプロのチェリストであることを聞きました。チェロと医療の研究の共通点は何か、脳の働きとか、数学的な力などと話が弾んだのですが、Fisher 先生は、Disciplineだとおっしゃったのです。ふーんという感じでとても印象に残っていたので、ずっと頭の中にそれがあったのです。

disciplineが鍵というのは、私もある分野で優れた能力を持つ人が全然違う分野でも才能を発揮して実力を見せるという事例を何度か見ているので、すっかり納得してしまったのです。それを、昨日の質問で思い出したのです。(でも質疑応答の時は、disciplineのことは思いつかず、今朝になって、その2つの話が結びついたのですが。。。)

そこで、いつでも学び続けるためには、はやいうちに新しいことを知るのが楽しいという経験を持つこと、そしてそれを毎日練習、繰り返すdisciplineを持つ習慣が大切だと思います。disciplineは子供の頃習慣づけられることが多いですが、その気になればいくつになってもできると思います。昨日の体験セッションとその前に聞いたコメントが繋がったというひとつの例でした!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 木津 嘉之
    • 2019年 4月 28日

    先日ゼミに参加させていただき、上記で取り上げていただいている子供の質問をさせていただいた木津です。興味深いプレゼンテーションに質疑応答、また、ご丁寧にご回答のフォローアップをいただき有難うございました。

    私は、子供の頃は非常にLazyで、勉強含め、「Disciplineをもって」という訳には行きませんでしたが、子供には興味を持ってもらえ、継続してもらえるような環境作りについては、引き続き努力してみたいと思いました。

    重ねて感謝申し上げます!

    • yishikura
    • 2019年 4月 28日

    木津さん、石倉洋子です。早速コメントありがとうございました。あ、言い忘れた!と次の日になって思ったし、気になっていたdisiplineのことを書くちょうど良い機会と思って書きました。このように見ていただけるとうれしいです。セミナーぜひエントリーしてください

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る