記事の詳細

先日、米国のルース大使の公邸で開かれた、日本国際賞の受賞者のためのカクテル・レセプションに行ってきました。For English=> 確か2年前にも伺ったことがあり(その時は受賞者の中に、グーグルのChief Internet Evangelist のヴィントン・サーフ、ロバート・カーン両氏がおられて、お話をいろいろ聞いたことを覚えています)、今回も楽しみにしていました。

今年の受賞者は、岩崎俊一、ピーター・ヴィトーセク教授です。少人数のレセプションだったので、お二人とそのご家族ともお話することができて、とても貴重な機会でした。スタンフォード周辺のグリーン・テクの研究、起業の状況、「シルバーとグリーン」(これは先週あった朝食会で出たアイディアです)などの可能性などについても、話しました。米国大使館の科学技術担当の方々とも再会、それまでは電話だけだったのに直接お目にかかる機会ともなりました。

ルース大使とお目にかかったのは初めてでしたが、イノベーションや起業に関心が高いので、私の専門や今アカデミー・ヒルズでやっているグローバル・アジェンダ・セミナー(GAS)のことをご説明しました。資料があったら送ってほしいといわれたので、早速概要などをまとめてお送りすることにしました。

GASといえば、レセプションで久しぶりにお目にかかった吉川弘之先生ご夫妻にも、六本木ヒルズでポスターや写真を見た!といわれて、GASの説明をしてしまいました。ちょうどレセプションに行く前に、GASのプロジェクトの一環として、企業のトップの方々にお目にかかって、あるアイディアの相談をしていたので、勢いにのっていたのです!

こうしていろいろな分野の方々と会い、話をする機会はとてもエキサイティングです。分野のことはあまり良く知らなくても、質問はできますし、どんな場合でもとても親切に答えていただくことが多いです。その分野の超一流のプロから直接聞ける機会はとてもすばらしいと思います。

また、大使公邸で前に開かれた日本のContemporary Artistのレセプション?の時におかれたYoko OnoさんのWish Treeもあったので、願い事を書いてきました。実現するとうれしいです。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る