記事の詳細

私は、ほぼ常時(!)依頼された原稿や講演などの準備をしている(という感じです)のですが、いずれの場合もしっかりした内容のものをデリバーしようとすると、かなりの時間がかかります。(他の人はさっとできるので、特に私の場合だけかもしれませんが。)今日はたまたまそんな状況に遭遇しているので、そのあたりの活動やヒントを書いてみます。

何度かやったことがあって、同じような内容に最近の動きをアップデートするだけ、ということもありますが(とても少数)、それでも以前使ったアウトラインやスライドをそのまま使うということはほとんどありません。(スライドにいれなくても、話には必ず最近の経験やニュースをいれます)

一方、関心を持ってフォローはしているので、ある程度の情報や知識はあっても、それほど詳しいテーマでない場合、またその時の特定の目的や対象に合わせた講演や原稿、プレゼンテーションをデザインするのにはかなりの時間がかかります。特に今のように得られる情報が多いだけでなく、変化が急激であっという間に状況がかわる場合、常にアップデートしていくことが必要です。そのような場合は、とてもラフな仮説を持って、関連する資料を調べ始めます。あちこち調べているうちに、次第に概要がつかめます。また同時に、自分のメッセージの片鱗がはっきりしてきます。会議の主催者や編集者が何を期待しているか、もう一度きくことが多いです。それから、だいたいのアウトラインを作成し、それに必要な資料をさらに探します。ここまでくると、当初よりはかなり目的がはっきりしているので、私がいつもお願いする情報の検索をしてくれるプロにもはっきりしたリクエストをすることができます。(自分でもピンポイントでいろいろ調べます)

このプロセスを何度か繰り返しつつ。ビジュアルを準備していきます。原稿はビジュアルが必要ないことが多いですが(実際原稿にいれるかどうかは別として、出典をあきらかにする必要はあります)講演などはビジュアルをかなり使うので、メッセージに合わせたビジュアルを探します。この活動は時間がかかるのですが、私にとってはかなり楽しいものでもあり、時間を忘れて夜遅くまでやっていることもよくあります。

ここ3週間くらいの間に違ったテーマの講演を4回+セッションを2回+やったので、その時はいろいろな準備で目が回りそうでした。実際にやってみるとストーリーの流れがスムーズでなかったり、時間配分が?なので、その場で調整することもかなりあります。本番はかなり緊張しているので、終わったあと、がっくり疲れたり、海外や国内出張の場合は、終わったあと、体調が?となることもあります。

ミュージカル、演劇、コンサートなどいずれもこうした準備とPerformanceを常にしている(特に毎日、あるいは長期の場合はかなり大変だと思います)のだと思うと、やはりプロはすごい!と実感します。

たまたま今日、5月31日のSINCA 起業家セッションでプレゼンテーションをするチームの練習、私自身も講演の準備をしていますし、グローバルゼミのエントリーシートを書いている方もおられる(多くの方に応募していただきたい!)ので、この話を書きました。いつもはなかなか時間を使えないこともあると思うのですが、この10連休を使って、試みてみるのも良いのではないでしょうか。

自分で納得して自信がもてるまで、練習をすることが大事ですが、友人に頼んでレビューしてもらうのも良いアイデアだと思います。ビデオなど簡単にできるようになりましたが、一人でやっているより、建設的なコメントをしてくれる人に見てもらう、聞いてもらうのが良いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

  1. いつも情報共有をありがとうございます。領域は異なりますが、講演などの準備の仕方を共有いただき、たいへん、参考になります。

    私も医学部、大学院、学会、学外施設などで医療者教育関連のレクチャー、講演、インターアクティブセッションなどをさせていただいておりますが、業務で準備に時間を取れない場合、こなしているだけになってしまうこともがあります。プロフェッショナルとして質を自律的に
    管理することがとても大切と、改めて、認識することができました。

    活動をシェアすることを、石倉先生や黒川清先生のスタンスを拝見し、私も若手の道しるべになれば、と思い、継続しております。

    余談ですが、現在、初めてヨルダンを訪問し、ペトラの遺跡などを見ました。紛争地域の中の「奇跡的に平和な都市」を経験でき、実体験がいかに大切かを実感しております。

    • yishikura
    • 2019年 5月 06日

    コメントありがとうございます。今回の講演ビデオは私もとても苦労してしまいました。でも新しいことをいくつか学びましたが。。。

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る